ひとり最上川

ひとり最上川
ひとり最上川(ひとりもがみがわ)
〈 ひとり最上川 〉
作詞 / 正木 章
  1. 水面に揺れる 面影を
    捜すおんなの 船下り
    照らす灯台 あてもなく
    かすかに聞こえる 舟唄に
    泣けば波間に 浮かぶ顔
    瀬音 悲しい…最上川

    ヨーエサノ マッカンショ エンヤコヤマカセ
    エエーヤー エー エヤエーエ エエーエヤ エード
    ヨーエ サノ マッカンショ エンヤ コラ マーカセ


  2. 北前船か 遠花火
    水に竿さす まよい舟
    岸に寄り添う すべもなく
    風待ち 夢待ち あなた待ち
    浮いて 沈んで 流れゆく
    涙 あふれる…最上川


  3. 流れを急ぐ 最上峡
    紅葉 浮かべて 冬を呼ぶ
    片瀬 流れも 酒田まで
    逢いたさ募れば 雪が舞う
    春はいつ来る いつ帰る
    ひとりたたずむ…最上川

    [ヨーエ サノ マッカンショ エンヤ コラ マーカセ]