恋はとこしえに

恋はとこしえに
恋はとこしえに(こいはとこしえに)

静岡の特養ホームを訪問した際、美しい高齢の婦人に会いました。その凛とした美しさの秘密をお訊ねしました。若い頃真剣に愛し合った恋人がおりましたが、身分の違いで結ばれませんでした。その後、長年連れ添った伴侶に先立たれる。しかし、彼女は昔の恋人の思い出といつか逢えるかも知れないという希望をお持ちでした。長寿社会の応援歌。男性だけでも、女性だけでも歌えます。

〈 恋はとこしえに 〉
作詞 / 斎藤豊彦
  1. 許されぬ恋とは 知りながら
    人目を忍んだ 春の夜
    熱き青春の 思い出よ
    あれから何年 経とうとも
    私の気持ちはあの時のまま
     恋する喜び 教えてくれた
     あなたに逢いたい もう一度


  2. 悲しい定めが 待っていた
    泣いて別れた 雨の夜
    辛い青春の 思い出よ
    あれから何年 経とうとも
    私の気持ちはあの時のまま
     愛する喜び 教えてくれた
     あなたに逢いたい もう一度


  3. あなたの面影 胸に秘め
    どんな苦労も 乗り越えた
    長い人生の 思い出よ
    あれから何年 経とうとも
    私の気持ちはあの時のまま
     生き抜く力を 与えてくれた
     あなたに逢いたい もう一度
    恋はとこしえに…