下北慕情

下北慕情
下北慕情(しもきたぼじょう)
〈 下北慕情 〉
作詞 / 村上嘉彦
  1. 北へ北へと 夜汽車の窓に うつる女の影かなし
    悲しいお酒に思いを寄せて 二人で過ごした年月としつき
    偲ぶ面影おもかげ 今いずこ
    ここは下北 釜臥山かまふせやまに 霧が降る


  2. 港にうつる 灯りが消えて 田名部たなぶの街に灯がともる
    おしまこ踊りに思いをよせて 二人で送った五車別ごしゃわか
    愛しい貴方あなた 今いずこ
    ここは下北 大間岬おおまみさきに 雨が降る


  3. やませの風に目覚めた朝に 涙で綴る思い出は
    貴方と別れた思い出に岬 吹雪に耐え抜く寒立馬かんだちめ
    春待つ貴方あなた 今いずこ
    ここは下北 尻屋岬しりやみさきに 雪が降る