淋しい涙酒

淋しい涙酒
淋しい涙酒(さびしいなみだざけ)
〈 淋しい涙酒 〉
作詞 / 木村善徳
  1. 負けちゃだめよと 甘声こえかけられて
    嬉し涙か なお淋し
    酌をされれば されるほど
    思い出します なあおまえ
    今夜の酒は この店で
    ごめん・ごめんよ 涙酒


  2. 馬鹿な主人あんたと云われていたが
    そんな言葉が 懐かしい
    今は娘と 眺める写真
    いつかこのも 
    門出の姿も また辛い
    酒が恋しい にがい酒


  3. ぐっと堪えて 夜空を見上げ
    涙隠して 淋しさを
    幸福しあわせだった あの頃が
    思い出します なあおまえ
    星空輝く この辛さ
    雪の降る夜は なお淋しい