福寿草

福寿草
福寿草(ふくじゅそう)
〈 福寿草 〉
作詞 / 高橋郁夫
  1. 冬の寒さが ほころぶ頃に
    陽だまりに 顔を出し
    春が近いと 教えてくれる
    福寿草 福寿草
    苦労つらさを 愚痴には出さず
    いつも笑顔を忘れない
    愛しいおまえに よく似てる


  2. 寒のもどりの 雪に埋もれ
    北風に 吹かれても
    明日を信じて 忍んで耐える
    福寿草 福寿草
    辛いときでも 望みを捨てず
    いつも前を向き 生きている
    愛しいおまえに よく似てる


  3. 春が来たから 咲くというより
    花を咲かせ 春を呼ぶ
    可愛い花よ 希望の花よ
    福寿草 福寿草
    自分のことは 二の次にして
    人の幸せ 願っている
    愛しいおまえに よく似てる