ふるさと慕情

ふるさと慕情
ふるさと慕情(ふるさとぼじょう)

小生は室根富士の裾野がのびる奥玉村で生を受けました。ふるさとは自分を育んでくれた母です。切々と詩情をこめて歌いあげました。

〈 ふるさと慕情 〉
作詞 / 東山ゆう記
  1. 霞がたなびく磐井イワイ高峰ミネに 富士の山だよ 東山ヒガシヤマ
    室根富士です ふるさと自慢の おらほの山だ
    わすれないさ この胸に いつまでも あーああ
    あーああ 我がふるさと


  2. タチバナ 城跡 ひとりたたずみ
    夜空仰ぐ世界は 星がこぼれます
    満天輝いて 山河を照らす
    果てしない古への光陰をこえて あーああ
    あーああ 我がふるさと


  3. コスモス咲いてる 稲穂がゆれる
    おらが田圃はササニシキ 黄金の稔り
    聞こえる神楽舞う 八幡さまよ
    笛・太鼓 秋まつり 夢にみて あーああ
    あーああ 我が ふるさと