杜の都

杜の都(もりのみやこ)
〈 杜の都 〉
作詞 / 花山湖春
  1. この街に暮らして 幾年月
    夢を捨てずに 歩いてきた
    いつ叶うか まだわからないまま
    今も信じて 歩いてる
    淋しい時には 星をながめる
    宇宙そらの広さに 癒されて
    未知に煌めし 星屑のように
    明日を夢見て 生きている
    杜の都の 片隅で
    あなたに歌う愛の歌