母さんの子守歌

母さんの子守歌
母さんの子守歌(かあさんのこもりうた)
〈 母さんの子守歌 〉
作詞 / 正木あきら
  1. 思い出します 子供の頃に
    母を困らせ 泣いた時
    女の涙は 玉手箱
    涙を仕舞い 笑顔を作りゃ
    きれいな花が 咲きますと
    教えた母さん アー 母さんの子守歌


  2. 恋をしました 小さな胸で
    母にそうっと 言いました
    あなたの選んだ 人だから
    ついて行きなと 笑顔で言った
    言葉の裏が 寂しそう
    御免ね母さん アー 母さんの子守歌


  3. 人の優しさ 女のこころ
    母に貰った 幸せを
    今度は私が 伝えます
    何時もきれいな 笑顔でいてと
    元気でいてね ありがとう
    私の母さん アー 母さんの子守歌