おかえり

おかえり(おかえり)
〈 おかえり 〉
作詞 / 正木あきら
  1. 旅に かこつけ 走ってきたが
    遠くて 長い まぼろしの
    行く道 来る道 とおせんぼ
    今は迷子まよいご それとも旅人たびびと
    出逢ったものは 何ですか
    ほら……故郷ふるさとが 呼んでいる
    ほら……帰ろう 帰らなければ
    旅じゃない
     列車に乗れば 四時間たらず
     リンゴ畑のすぐそこに
     おかえり おかえり おかえりと
     むかえてくれる 母がいる


  2. 旅の途中で 訪ねて見たが
    遙かに 霞む 夢ばかり
    その道 この道 まわり道
    今は 迷子 それとも旅人
    心のみやげ 出来たろか
    ほら……あのひとが呼んでいる
    ほら……帰ろう 帰らなければ
    旅じゃない
     想い出連れて 故郷 列車
     走る心の すぐそこに
     おかえり おかえり おかえりと
     迎えてくれる娘がいる
    ※おかえり おかえり おかえりと
    迎えてくれる 母がいる